ニュース・コラム

本番以外 PCニュース詳細 ビルボード /21153358/73520
レッスン

強い球を打つために背中を動かしてフィニッシュまで回りきる!中西直人

2022年5月12日(木)午前10:30

ゴルフ真剣勝負 the MATCH 中西直人vs矢野東~日大ゴルフ部OB3マッチトーナメント~
この記事のキーワード
 強い球を打ちたいと思ったら、グリップを支点にクラブを振り子のように動かすのではなく、グリップエンドを動かし続けて、インパクトでハンドファーストの形を作ることが大事です。

 また、ダウンスイングで頭が下がった状態だとよりボールに圧を掛けられるようになるので、テークバックでは頭が下がらないようにすることも大事。何故なら、テークバックで頭が下がると、逆にダウンでは頭が起きてしまう形になるからです。

 それともうひとつ、強く飛ばすために意識したほうがいいことがあります。それは、フィニッシュまでしっかり回りきることです。毎ショット、この意識を持ってクラブを振らないと、スイングで悩んだときに当たりが弱くなる可能性があるからです。



 ただし、ここで勘違いをしないで欲しいのは、手を無理矢理回せといっているのではないこと。あくまでも体を“回しきる”ことがポイントになってきます。

 意識したいのは、背中です。バックスイングのときから背中を大きく動かすようにして、フィニッシュでも回せるところまで回す(写真①~③)。そうすれば体を使ったスイングになり、スイングそのものもきれいになります。

 一方、手に関しては、ダランとした状態でOK。フィニッシュまで上げ続けるというよりは、体の正面にロックしておき、動いていく背中とともに上がっていくというイメージでいいでしょう。

 なおこのとき、手首に関してはゆるゆる状態にしておくことも大事です。ツアープロやレッスンプロの中には、「フィニッシュは惰性」という人もいますが、強いボールを打つためには、しっかり体を回すことが重要で、上手い人は必ず背中を動かしています。

 ボールに圧を掛けて飛距離を伸ばすためにも、背中を動かす意識でフィニッシュまで振り切ってください。

中西直人(なかにし・なおと)
1988年8月11日、大阪府生まれ。日大ゴルフ部出身で、10年にプロ転向。18年のQTで最終日に62をマークして17位に浮上。19年の出場権を手にした。19年は賞金ランク64位に入り、プロ転向から10年目で初のシード入りを果たした。明るいキャラクターでツアーでも人気者。17年に自身のブランド「SANRISE」を立ち上げたことでも注目を集めた。現在、ジャパンゴルフツアー選手会副会長も務める。

【関連】ZAKZAK by 夕刊フジ(夕刊フジ 2022/4/29 発売号より転載)
本番以外 PCニュース詳細 記事下左 /21153358/73525
本番以外 PCニュース詳細 記事下右 /21153358/73526

関連番組

ゴルフ真剣勝負 the MATCH 中西直人vs矢野東~日大ゴルフ部OB3マッチトーナメント~

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。